プロフィール
株式会社ガーディアンシップ 
株式会社ガーディアンシップ 
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2012年08月24日

日本代表クラスが直接指導!

日本代表クラスが直接指導!
無料ラグビー・サッカー・ゴルフ教室

開催日時
平成24年8月27日(月)
午前の部 10時から11時30分まで
午後の部 12時30分から14時まで

会場
県営筑豊緑地 球技場
(飯塚市仁保8-25 tel.0948-82-1023)

主催
筑豊地域振興スポーツフェスティバル実行委員会

後援
福岡県教育委員会、飯塚市教育委員会

事務局
株式会社ガーディアンシップ


講師
山下芳輝先生(元サッカー日本代表)
長田力先生(元日本プロゴルフ協会会長)
川上直子(元なでしこジャパン)
南條健太(元神戸製鋼コベルコスティーラーズ)

対象
小学生全学年

イベント概要
【ラグビー・サッカー・ゴルフ教室】
経験者も未経験者も大集合。日頃やってないスポーツにも挑戦しよう!

■注意事項
運動できる服装で、帽子・タオル・水筒をご持参ください。


※ケガに関して:実施中のケガの手当て、病院への連絡は対応しますが、その後の治療に関わる負担については、イベントで加入している傷害保険の範囲の適用とします。各自スポーツ障害保険への加入をお勧めします。

お申し込み・お問い合わせ
イベント事務局(株式会社ガーディアンシップ)
Tel.0120-858-552
平日9:00~21:00/土日祝日9:00~18:00

  

Posted by 株式会社ガーディアンシップ  at 19:54Comments(0)

2012年08月09日

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?

内容紹介
グローバル人材、日本脱出、キャピタルフライト……。
「世界の中で取り残される日本にいたら、座して死を待つのみ。
日本を見切って世界へ出よ! 」という論が花盛りの今、真打ちがいよいよ登場。
著者は、政治家として、会社経営者として、また証券マンとして、世界の一線級と渡り合ってきた経歴を持つ。
はたして今、日本を見切って世界へ打って出ることが本当に正しいのか。
日本人は世界でどのくらい通用するのか。
海外の大学に進学するならどいういう基準で選ぶべきか。
今、海外でMBAをとるならどこが正解なのか。
かかるお金はどう工面するのか。
実際に世界で活躍する日本人とはどういう人物なのか…。
独自の情報網から世界と日本の情勢を正確に知る著者が、最新の情報をもとに、情熱をこめてレクチャー。
これから世界へ飛び出そうという人、迷っている人、とりあえずショートステイでも行きたい人、新たに再チャレンジする人…、
今、「世界」に興味がある全ての人の疑問と希望に答える必読の書。

内容(「BOOK」データベースより)
エール大およびハーバード大の研究員を経て、アメリカの国家戦略を起案する超名門シンクタンクに所属。シンガポールの国父・リークワンユーと並んでF1を観戦するかたわら、インドの富豪たちとビジネスパートナーシップを結ぶ…。個人として、他に類を見ないほど世界規模での活動を続ける著者が、停滞する日本で戸惑う若者たちに贈るメッセージ。

著者について
田村 耕太郎(たむら・こうたろう)
新聞社経営、前参議院議員、ハーバード、エール、シンガポール国立大学の研究者など
国際舞台での多彩な経験を持つ。
その一方でツイッターの フォロワーは6万人を数え、
今話題の著者や若手経済人がそのツイートをこぞってリツイートする
知る人ぞ知る政財界の有名人にして稀代の論客。
その独特の熱い語り口を真似た偽者が現れるなどソーシャルメディアで話題を集めている。
東洋経済オンライン、日経ビジネスオンライン、
現代メディア(現代ビジネス)、アゴラで政治経済分析の連載を持ち、
自身のメールマガジン「田村耕太郎の政財界ぶっちゃけグローバルトーク」は情報の濃さが評判となる。
  

Posted by 株式会社ガーディアンシップ  at 16:47Comments(0)

2012年08月09日

天外レポートNo65 (2012年8月8日)

 意外と思われるかもしれませんが、企業の経営と
子育てとは多くの共通点があります。


 今回は、「経営者(親、教師)が従業員(子)に、
知らず知らずのうちにプレッシャーをかけ、その
抑圧の投影から、様々な問題行動に走る動機
が湧き上がってくる」という話題です。

 経営でも教育でもプレッシャーは、あまりにも
あたりまえであり、誰も疑問に思っていません。
 むしろ世の中は、それを当然のこととして、
いかに問題行動を防ぐかに心を砕いています。

 企業なら、モラルを高める教育をし、しっかりと
チェックできる体制を作り、不正を発見したら処罰
をする、というマネジメントがおこなわれています。
チェック体制は、経営全体の中でかなりのコストを
占めています。

 たとえば、出張旅費精算のチェックをするために
きわめて多くの経理部員の時間が費やされています。

 ところが、出張旅費精算のチェックなどのチェック体制
そのものが「抑圧」になっていることは誰も気づきません。
 従業員に対して「あなたを信頼していませんよ」という
露骨なメッセージになっており、従業員は無意識
のうちにプレッシャーを受けています。

 いまの一般的な企業経営は、ありとあらゆるところで
「不信頼」のメッセージを発信しており、 従業員に
すさまじい「抑圧」をかけています。それによる歪んだ
衝動を従業員は理性で抑え、会社は莫大な費用をかけて
不正をチェックしている、というマッチポンプの
喜劇的な構造になっています。
 
 この構造は、皆がやっているため誰も不思議に
思っていませんが、「抑圧」のない企業経営の例を
知れば納得していただけると思います。

 山田昭男さんが創業した未来工業では、従業員を
徹底的に信頼するかわりに、一切のチェック体制を排除
してしまいました。チェック体制がないので、不正が
あるか無いかはわからないのですが、大方の予想に
反してほとんど不正は行われていないようです。
 これに関しては後で述べます。

 さて、「上からの抑圧に対する憂さ晴らし」によって
問題行動を起こすのは、子どもの場合でも同じです。
 親や教師は、日常的にすさまじい抑圧を子どもに
与えているのですが、それに気付いている人はほとんど
いません。普通は、企業の場合と同じく、何が悪い事
かを教えて、それをしないように、という倫理教育を
行います。
 
 その倫理教育そのものが、また新たな「抑圧」に
なっています。

 「抑圧」につながる「しつけ」を極力避けて、子どもの
自主性を尊重すると、一定の年齢で自らの内側から
の倫理観をしっかり確立していくことを、多くの教育者が
発見しています。
 
 これは、山田昭男さんのマネジメントに通じるところが
ありそうです。

 「しつけ」による外側から強制された倫理観はもろく、
社会の上層部に上り詰めた人でも、ときにはとんでもない
悪事やスキャンダルにまみれることがあります。
それに対して、内側からの倫理観は、はるかにしっかり
強固に定着しています。
 
 拙著『「生きる力」の強い子を育てる』(飛鳥新社)では、
そういう教育をご紹介しました。

 一般に、経営者でも親でも教師でも、自分の言動が
従業員や子どもに「抑圧」を与えている事が自覚できて
いません。自覚するためには、かなり長期にわたって
自らと向き合う必要性があります。

  

Posted by 株式会社ガーディアンシップ  at 09:39Comments(0)

2012年08月03日

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る

内容紹介
最先端の研究が直感で分かる、エキサイティング宇宙論。

私たちを地球につなぎとめている重力は、宇宙を支配する力でもある。
重力の強さが少しでも違ったら、星も生命も生まれなかった。
「弱い」「消せる」「どんなものにも等しく働く」など不思議な性質があり、
まだその働きが解明されていない重力。
重力の謎は、宇宙そのものの謎と深くつながっている。
いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えている。
時間と空間が伸び縮みする相対論の世界から、ホーキングを経て、
宇宙は一〇次元だと考える超弦理論へ。重力をめぐる大冒険。

内容(「BOOK」データベースより)
私たちを地球につなぎ止めている重力は、宇宙を支配する力でもある。重力の強さが少しでも違ったら、星も生命も生まれなかった。「弱い」「消せる」「どんなものにも等しく働く」など不思議な性質があり、まだその働きが解明されていない重力。重力の謎は、宇宙そのものの謎と深くつながっている。いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えている。時間と空間が伸び縮みする相対論の世界から、ホーキングを経て、宇宙は一〇次元だと考える超弦理論へ。重力をめぐる冒険の物語。

著者について
1962年生まれ。京都大学理学部卒業。京都大学大学院理学研究科修士課程修了。理学博士。東京大学助手、プリンストン高等研究所研究員、シカゴ大学助教授、京都大学助教授、カリフォルニア大学バークレイ校教授などを経て、現在、カリフォルニア工科大学カブリ冠教授および数物天文部門副部門長、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(カブリIPMU)主任研究員。専門は素粒子論。超弦理論の研究に対し〇八年アイゼンバッド賞(アメリカ数学会)、高木レクチャー(日本数学会)、〇九年フンボルト賞、仁科記念賞受賞。著書に『素粒子論のランドスケープ』(数学書房)がある。




  

Posted by 株式会社ガーディアンシップ  at 15:06Comments(0)