プロフィール
株式会社ガーディアンシップ 
株式会社ガーディアンシップ 
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2012年05月24日

  「選手育成の鉄則――飯・クソ・風呂」

本日は『致知』2009年5月号より、
   帝京高校サッカー部を9回もの全国制覇に導き、
   サッカー界の名将と呼ばれる古沼貞雄氏の
   選手育成についてのお話をご紹介します。


────────────────────────────────────


       「選手育成の鉄則――飯・クソ・風呂」
       
       
         古沼貞雄(帝京高校サッカー部元監督)
        
            『致知』2009年5月号
             特集「執念」より
        http://www.chichi.co.jp/monthly/200905_pickup.html#pick2


────────────────────────────────────

無我夢中で練習を続けた結果、
帝京高校サッカー部は10年目に初優勝を果たしました。

私たちのチームは黄色いユニフォームで、
これは世界を代表するブラジルと同じです。

だから、あの帝京の黄色いユニフォームを着て
国立競技場の芝生を踏みたい。
そういう夢を持った子が入ってくるようになったんです。

ですからこちらでさほど期待していないような子でも、
目標を持った子は、3年間でかなり熟練してきて
想像以上に成長するんです。


私が帝京高校で取り組んできたことは、
選手たちに「夢」を持たせること。

そしてそれを追うための「やる気」。

さらにそのやる気を持続させるために不可欠なのが
「アイデア」ですね。


そして私はその3つを司るものの中に
「基本」というものを置いたんです。

トレーニングや技術の習得といったことから、
生活習慣に至るまで。言葉で表すと



「飯(めし)・クソ・風呂」



です。これを強化合宿などの際に徹底してやりました。
飯の食い方から箸の持ち方、ご飯一膳、米一粒でも
作ってくださる方に敬意を示して感謝をする。
嫌いなものだろうと何だろうと、
出されたものはとにかく全部平らげる。


それから「トイレ」。
これは共同で使うものですが、
便器を汚したら自分の手で掃除をさせました。

生徒は必ず「先生、雑巾を……」と言いますが、私は
「てめぇで汚したものはてめぇの手で拭き取れ」と、
有無を言わせずやらせました。


「風呂」の入り方でも、130人の部員のうち、
10人か15人ずつ、上級生のほうから
入っていくのですが、私が
「湯船の湯を使い過ぎたり、垢を浮かせたりしたら、
 合宿費をおまえらだけ割り増しする」
と言ったら、130人が入っても垢一つ浮かさない。

すると旅館組合全体で「あそこの学校はすごい」と
語り草になったそうです。

またそういうことがしっかりできた年には、
不思議とチームも優勝するんですね。
ところが「先生、今年の生徒はちょっと……」と
宿屋のオヤジが言う時には負けますね。




Posted by 株式会社ガーディアンシップ  at 11:25│Comments(1)
この記事へのコメント
海外限定イヤホン モンスター ビーツ正規直営店イヤホン モンスター ビーツアウトレット即納可
Posted by イヤホン モンスター ビーツ at 2014年10月11日 17:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。